bnr_tob_1

2020.08.31SOCIAL

Maha Bandula公園隣接のオーガニック市場が再開

毎週金曜日に新鮮な有機野菜や果物を販売する、オーガニック市場が再開された。 同市場は、新型コロナウィルスの影響で、一時的に閉鎖していたが、現在は保健省の指示に基づいて再開している。

市場は、Consumer Green Marketという名で知られ、農業局傘下のミャンマーオーガニック団体及びNyaung Hna Pinオーガニックファーミングの経営で、栽培された有機農産物の購入が可能である。

有機栽培であるため、もちろん農薬及び化学肥料は使用しておらず、自然界の力を生かして栽培されている。消費者保護団体会員が生産した農産物であるため、新鮮で衛生面での安心感もある。

有機農産物以外に、自然派のシャンプー、洗顔フォーム、蚊取り線香、お茶、コーヒー、キノコ、アロハ製品 等も入手できる。また買い物中には、化学薬品が一切使用されてない、ミャンマーの伝統的なスナックを味わうことも可能である。 アロマでしょうか?

Consumer Green Market市場は、2019年7月7日から、Maha Bandula Park通りにて、毎週金曜日の午前8時から夕方までオープンしている。